二次会の景品の選び方

二次会の景品選びのポイントは3つです。まずひとつめは、景品が参加者のほぼ全員に行き渡るようにすること。会が楽しいものになるように、また、その日がいい思い出になるように、予算を配分して上手に数をそろえましょう。

最近では、家電などの豪華賞品を用意する二次会も多くなっています。しかしそうした目玉になる景品は、一つか二つでかまいません。あとは安いものでいいので、数を多めに準備しておきましょう。そのほうが、参加者の満足度は高くなります。

会場むしろ、安い景品と豪華な景品をそろえておくことで、めりはりがついて場は盛り上がります。安い景品が続いた後で、豪華なあたりがでたときは、会場もにぎやかになることでしょう。

しかし安い景品といっても、安易な品揃えでは幹事の腕が問われます。そこそこにセンスが感じられるような、面白いものを探してみましょう。また、安価であっても、普段自分で買わないようなユニークなものが景品にあると、会も盛り上がります。

これらの点をおさえておけば、二次会は十分に楽しいものになるでしょう。ただ、二次会によっては予定外の参加者が出ることもあります。そうしたときに困らないように、景品の数は余裕をもってそろえておくことが大切です。続いては、人気の二次会景品についてお伝えします。

喜ばれる二次会の景品とは

結婚式の二次会で幹事を頼まれるということは、友人として信頼されている証拠ではあります。しかし同時に、責任感も抱いてしまう人が多いのではないでしょうか。大事な友達の晴れの門出を祝うために、二次会幹事にはやるべきことがたくさんあります。

まずは会場の選定です。式場からも近く、雰囲気のいい場所を選ばなくてはいけません。予約を取って、進行を定め、皆が楽しめるようなゲームを決めて、幹事がやるべきことは山のようにあります。

ゲームしかし中でも、幹事の頭を悩ませるのは、二次会で行うゲームの景品選びではないでしょうか。ゲームの景品は、その場がわっと盛り上がるような面白いものであることがベターです。また、参加者全員が満足できる程度に、数もそろえておいたほうがよいでしょう。

もちろん予算の問題もあります。最近では家電やテーマパークのチケットなど、そこそこ値が張るものも人気ですが、高価なものばかりをそろえるわけにもいきません。ほどほどに安いものも併せるなど、工夫も必要です。

考えれば考えるほど、景品選びが難しいことのように思えてくるかもしれません。しかしちょっとしたポイントをおさえておけば、参加者はもちろん、新婚のお二人にとっても強く印象に残る景品選びはそう難しくはないものです。

このサイトでは、二次会の景品選びのポイントについて詳しくご説明しています。どんな景品を選べばよいのか、お悩みの方はぜひご覧ください。皆が嬉しいと思える景品選びのコツを、一緒に見ていきましょう。